認定皮膚科専門医 アレルギー専門医 
漢方専門医

医療法人 北村皮膚科(八戸市)認定皮膚科専門医  アレルギー専門医 漢方専門医

0178-43-1325

青森県八戸市根城1-14-11

アクセス

診療内容

腋窩多汗症について

症状

 シャツに汗染みが出来てしまうなど、多量のワキ汗により日常生活に支障をきたす状態を「腋窩多汗症」といいます。発汗に関与するコリン作動性交感神経が興奮しやすいことが要因の1つと考えられていますが、はっきりと分かっていません。明らかな原因が無いまま6か月以上みられ、以下の6症状のうち2項目以上当てはまる場合、「原発性腋窩多汗症」と診断されます。

  • 25歳以前に発症した
  • 両ワキで、左右同じくらいの多汗がある
  • 眠っている間のワキ汗はひどくない
  • 週1回以上の多汗を自覚する
  • 家族の中に同じようなワキ汗の人がいる
  • 多汗により日常生活に支障が生じている

治療

1.塗り薬

エクロック®ゲル

  • 2020年11月に発売された、日本初の原発性腋窩多汗症用外用剤(ワキ汗の塗り薬)で、保険適用のある薬剤です。
  • 交感神経から出る汗を出す指令をブロックし、発汗を抑える働きを示します。
  • 薬の費用は3割負担の方で20gボトル(約2週間使用可能)が1本1500円程度、40gボトル(約1か月使用可能)が1本3000円程度です。詳しくは下記リンクをクリックし参照下さい。
ワキ汗の情報・サポートサイト ワキ汗治療ナビ

塩化アルミニウム溶液

  • 汗の出口を塞ぎ、汗の量を抑える働きがあります。
  • 臭いを抑える効果も期待できます。ただしワキガ(腋臭症)を治すことはできません。
  • 保険適応の無い薬剤です。当院では20%溶液と50%溶液を院内製剤として取り扱っております。詳しくは「掌蹠多汗症」の項目をご覧下さい。

2.注射

ボトックス®

 エクロックゲルや塩化アルミニウム溶液外用でも改善しない、重症の原発性腋窩多汗症に対する治療法であり、保険適応があります。費用は3割負担の方で両腋窩に注射を行うと、約22000円程度です(その他に診察料がかかります)。
 院長は青森県立中央病院勤務時代に多数行ってきた治療ですが、県南地区ではあまり積極的に行っている医療機関が無いようです。塗り薬の治療に比べ格段に効果的な治療法です。デメリットは薬剤費が高いことと注射の痛みでしょうか。ボトックス治療にご興味のある方はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

ボトックス治療の流れ
  1. まず問診にて、ボトックス治療の適応があるかを確認します。
  2. 適応があった場合には同意書を用いて説明し、署名をいただきます。
  3. ボトックス治療を行う予約日、時間を決めます。水曜日を除く平日の午後3時頃となります(水曜日、土曜日は出来ません)。
  4. 当日は注射を行う30分~1時間前に来院頂き、注射時の疼痛を和らげる目的で両ワキを保冷剤等で冷やしてもらいます。また希望があれば注射1時間前に両ワキに麻酔クリームを塗布することも可能です。
  5. 麻酔クリームを拭き取った後、両ワキにマーキングをします。
  6. ボトックスを片方あたり、10〜15箇所ほど注射します。
  7. 待合室でしばらく休んでもらい、体調に変化が無いことを確認後、帰宅となります。
ボトックス治療

3.内服

  • 抗コリン薬(プロ・バンサイン®)、自律神経失調症治療薬など
  • 漢方薬

漢方治療に興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

診療内容へ

TOP