認定皮膚科専門医 アレルギー専門医 
漢方専門医

医療法人 北村皮膚科(八戸市)認定皮膚科専門医  アレルギー専門医 漢方専門医

0178-43-1325

青森県八戸市根城1-14-11

アクセス

診療内容

慢性じんましん

症状

 慢性じんましんは甲状腺疾患やある種の膠原病などが原因で生じることもありますが、多くは原因が特定できない原因不明の「特発性」慢性じんましんです。じんましんに伴うかゆみが強い場合には仕事に支障が出たり眠れなかったりする場合もあります。

治療

 急性・慢性じんましんとも、治療の第1選択は「抗ヒスタミン薬」(かゆみ止め)です。抗ヒスタミン薬の飲み薬だけで症状が改善する場合が多いのですが、症状が治まらない場合は、抗ヒスタミン薬を増量したり、複数の抗ヒスタミン薬を併用したりします。それも効果に乏しい場合には他の薬(H2受容体拮抗薬、抗ロイコトリエン拮抗薬、トラネキサム酸、漢方薬など)を追加したりします。しかしそれでも症状が治まらない治療抵抗性の特発性慢性じんましんに対し、2017年3月より抗IgE抗体であるゾレア®皮下注射が保険適用になりました。青森県立中央病院勤務中、多数使用していたこともあり、当院でも2021年4月よりゾレア®による治療を行っております。

ゾレア®

  • ゾレア®はじんましんに関与している血中遊離IgEに結合することにより、IgEが肥満細胞受容体に結合するのをブロックすることで肥満細胞の活性化を抑え、蕁麻疹が起きるのを防ぎます。
  • 通常、成人及び12歳以上の小児に対し、医療機関にて1回300㎎(150㎎シリンジ2本)を4週毎に皮下注射します。
  • 薬剤費が高価であり(300㎎で約58,000円)、3割負担の方で1回の自己負担額が約17,000円かかります(2020年4月に薬価が改訂され、以前よりは自己負担額が10000円ほどお安くなりましたが)。

診療内容へ

TOP